インスタントコーヒー徹底比較
お湯や水で溶かすだけで、手軽に飲めるインスタントコーヒー。各社からいろんな商品がラインアップされていますが、味とコストパフォーマンスを徹底検証します。

各メーカーの特徴

主な製造メーカーの動向や力関係

あくまで、TheURAの持ってる勝手なイメージですが…

 

 

インスタントコーヒーの2大製造元といえば、「Nestle(日本ネスレ)」と「AGF(味の素ゼネラルフーズ)」。

中でも、Nestleの「エクセラ」「ゴールドブレンド」、AGFの「ブレンディ」「マキシム」は、ほとんどのスーパーに置いてあるので、ご存じの方も多いのでは。

 

かつては、インスタントコーヒーの製造に力を入れているのはNestleだけで、AGFのインスタントコーヒーは家庭用レギュラーコーヒー製品の売り場で、ついでに販売しているというイメージでしたが、最近のAGFはインスタントコーヒーの開発にもかなり力を入れている印象を受けます。

 

次いで有名なのが、喫茶店のコーヒーで有名な「UCC」と「Key Coffee」でしょうか。こちらは業務用レギュラーコーヒー製品が主力のイメージが強いですが。

 

 

今挙げた4つのメーカーの、インスタントコーヒーについての力関係を表すなら

 

 Nestle > AGF > UCC  > Key Coffee

 

 

というイメージです。かつては、

 

 

 

 Nestle > AGF > UCC  > Key Coffee

 

 

ぐらい差があったように思えましたが、近年のNestleの迷走と、AGFの台頭により、その差がかなり埋まってきているように思います。

 

それでは、各メーカー別に詳しく見ていきましょう。

≫ コメントする(0)
次のページ ≫ 1 2 3 4 5